フードテックの事例

FOODTECH CASE STUDY

未来の食を支える3Dフードテクノロジー

ミツイワ株式会社・武蔵エンジニアリング株式会社
  • キッチンテック
  • ロボティクス
  • 新たな食品

【未来の食を支える3Dフードテクノロジー】
一般の「ものづくり」の世界では、徐々に浸透しつつある加工方法である「3Dプリンター」。その材料を食品にして、「食べられる造形物を作ってしまおう」とするのがここでご紹介する「3Dフードプリンター」になります。大抵の皆様は、3Dプリンターもましてや3Dフードプリンターも、あまりピンとこないのではないでしょうか?簡単にご紹介すると、良くリゾート地や遊園地でみられるソフトクリーム製造機、上からソフトクリームが落ちてきて、コーンやカップにギュニュグニュと渦巻き状の形が作られていく機械、あるいは、「マヨネーズ」や「ケチャップ」を逆さにしてグニュグニュと打ち出す時、文字や絵を書いたりできますよね。原理原則はこのようなモノになります。そして、その造形制御や打出す対象物をキチンとデータで管理して食べられるモノを作りだす事が、3Dフードプリンターになります。詳しい技術の解説は、別の機会にするとして、いつ、どこでこのような発想が生まれたかは定かではありませんが(3Dプリンターの発想は“1980年代に日本人が考えた”と、いわれてますが)、ここ数年の間に欧米などでは、多くのスタートアップメーカーが輩出されております、また、FoodTECの一翼を担う、植物肉・培養肉や昆虫食の世界でも3Dフードプリンターが活用されつつあり、今後の商品開発や研究には欠かせない技術であることは間違いありません。私共ミツイワ株式会社は機器メーカーである武蔵エンジニアリング株式会社と共同で、様々な業界や業種の企業様にあたり、あるいは原料メーカー様にも投げかけを行いながら、新しい食品製造やサービスの展開を考えております。今回、そのような企業様の中から、植物肉で事業展開をされている「ネクストミーツ株式会社」様での事例をご紹介致します
【植物肉における新しい商品開発】
現在、FoodTECHニュースの中心である「代替プロテイン」。その中でも「植物肉」のニュースは、国内外を問わず毎日発信されています。そのような中、新進気鋭の代替肉開発メーカーである「ネクストミーツ株式会社」様は、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、日本のみならず海外でも植物肉業界を席巻されています。その「ネクストミーツ株式会社」様におかれましては、事業拡大の一環として「3Dフードプリンター」による新しい商品開発を手掛けて頂いております。研究そのものはまだ始まったばかりではありますが、海外の先行メーカーに負けない品質の製品を打出すべく研究開発をされています。また、「ネクストミーツ株式会社」様の先進的な技術により日本市場独自の植物肉商品も、打ち出すべく 弊社「3Dフードプリンター」をご活用頂いております。

事例を見る

子供にも愛されるソフトクリームロボット

コネクテッドロボティクス株式会社
  • ロボティクス
  • 小売・レストラン テクノロジー

私たちは、「人を楽しませ、喜ばせる」ことを最も大切と考えています。
「ソフトクリームロボット」は、人の動きに反応して動いたり話しかけたりしてお客さんを呼び込みます。注文に応じてコーンやカップを抱えてぐるりと向きを変え、「うまく巻けるかな?」などとおしゃべりをしながら綺麗に巻いていきます。お客様もソフトクリームが渡されるまでの間、コミカルでかわいらしいロボットの姿を動画に収めながら楽しそうに待っていらっしゃいます。
ソフトクリームは、初めての人がきれいに巻けるかというと意外に難しいものです。新しく入ったスタッフにはそれなりに作業トレーニングが必要になります。ソフトクリームを巻く作業をロボットに任せれば、そのトレーニングの必要がありません。
また、感染症防止の観点から飲食店店舗では極力接触を避けることが求められるようになっています。ソフトクリームは注文を受けてから現金のやり取り、コーンの受け渡しなど、直接お客様との接点が多いものでした。ロボットを導入することで接触回数を減らすことができます。

事例を見る

循環型食材“サーキュラーフード”としてのコオロギの普及

株式会社グリラス
  • 廃棄物の減少・再利用化
  • 新たな食品
  • 食品EC

■事業背景:タンパク質危機とフードロスの課題

2019年6月に国連より発表された報告書によると、今後30年で、世界人口は現在の77億人から97億人へと、20億人の増加が見込まれ、急激な人口増加に伴う飢餓や栄養不良といった食料問題への対応が喫緊の課題と言われています。特に動物性タンパク質の不足は顕著で、1億トンを上回ると予測されています。

一方で、日本を含めた多くの国々では年間13億トンにも上るフードロスが発生しており、その量は全世界で生産されている食品の約3分の1に相当します。

深刻な食料不足が見込まれている一方でフードロスが発生している。これらの相反する社会課題に対して、コオロギの持つ可能性が期待されています。


■コオロギの持つ可能性:環境負荷の低いタンパク源、そして次世代の循環型食材“サーキュラーフード”

昆虫は他の家畜と比べて1kgのタンパク質を生成するのに必要な餌や水の量が圧倒的に少ないため、限りある資源の有効活用が可能です。加えて温室効果ガスの排出量も少なく、環境負荷の低いタンパク源といえます。

またコオロギは雑食の昆虫であるため餌の制限が少なく、世界中で発生しているフードロスを餌として飼育することが可能です。この特徴からコオロギは、捨てられるはずのフードロスを活用して新たなタンパク質を生み出すフードサイクルが実現できる循環型食材であり、今後持続可能な社会の構築に求められる“サーキュラーフード”になると考えています。


■株式会社グリラスについて:「コオロギ×テクノロジーが生み出す新たな調和で、健康でしあわせな未来を。」

グリラスは徳島大学における25年を越える研究を基礎とした、世界でもトップレベルのコオロギに関する知見やノウハウを活かすべく、2019年に設立されたフードテックベンチャーです。2020年5月には株式会社ジェイテクトと業務提携を行い、徳島県美馬市の廃校を新たな生産拠点として整備し、食用コオロギの量産に向けた自動生産システムの導入を進めています。

また日本国内で生産された、安心・安全で高品質な食用コオロギを販売することにより、輸送を含めた生産プロセスにおける環境への負荷を最小限に留め、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

これまでに良品計画と共同開発を行った「コオロギせんべい」や、レストランANTCICADAの「コオロギラーメン」、そして“サーキュラーフード”をコンセプトに開発した自社ブランド「C.TRIA」を展開しています。「C.TRIA」の第1弾となる商品としては、まだコオロギを食べたことがない方々にとっても、気軽に家族や友達、同僚とともに楽しめるよう、クッキーとチョコクランチを自社ECサイト「グリラスオンライン」 (https://gryllus-online.jp/pages/ctria) にて販売を開始しました。

グリラスはこれらの取り組みを一段と加速させ、“サーキュラーフード”としてのコオロギの普及を通じて持続可能な社会の実現を目指します。

事例を見る