メディア記事

MEDIA

そごう横浜、デパ地下食品を宅配

そごう横浜店(横浜市)は17日から、料理宅配サイト「出前館」を活用し地下食料品売り場で販売している弁当などの宅配を始める。弁当、総菜、スイーツなど80ブランド、300種類の商品を半径3~4キロメートル圏内に最短40分で宅配する。新型コロナウイルス禍で高まっている宅配需要の取り込みを目指す。注文は出前館のアプリやウェブ

2022年1月14日

ダークストアとは?日本国内の取り組み事例を交えてわかりやすく解説 | リテールガイド

コロナ禍による外出自粛の影響もあり、ネット販売の需要は年々高くなっている。 そのような中、昨今においては、宅配専門のネットスーパー「ダークストア」が大きな注目を集めている。 海外で高い普及率を見せているダークストアだが、国内でもダークストアを設ける事業者は増加していくと考えられる。 本稿では、ダークストアの概要や特徴について詳しく解説するとともに、国内でダークストア事業を開始した4社の事例を紹介す

2022年1月13日

収穫ロボットの遠隔操作で農福連携を実現:時事ドットコム

[AGRIST株式会社]収穫ロボットが遠隔操作できるようになったことで、自宅にいながら農業に参加することが可能に。身体の不自由な方々とロボットが共存する新しい農業のあり方を提案します。ロボットベンチャーのAGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町 代表取締役:齋藤潤一、以下 アグリスト)は2022年1月26日に新機能が追加された自動収穫ロボット「L」をメディア向けに公開します。遠隔操作、夜間稼働などの新機能が追加され、さらに新しい構造の採用により、2021年9月に公開した機体と比較して収穫量が大幅…

2022年1月12日

IoTタグで「冷蔵庫の中身」を可視化、食品ロス削減目指す実証実験開始

日本総合研究所は2022年1月11日、同社が設立した「SFC(スマートフードコンサンプション)構想研究会」の参画企業らで、生産者、小売店舗、消費者からなるフードチェーン各領域での食品ロス削減に向けた実証実験を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)タグなどの活用で、小売店舗だけでなく、消費者の自宅内でも食品ロス軽減に向けた取り組みを展開する。

2022年1月11日