メディア記事

MEDIA

畑の不審者をリアルタイムで映像送信 防犯システムをNTT東日本が実証実験 相次ぐ果樹盗難の被害防止へ | 山梨のニュース | UTYテレビ山梨

後を絶たない果物の盗難被害を防ごうと山梨県笛吹市で“ある”実証実験が行われています。農家のピンチに立ち上がったのはNTT東日本です。NTT東日本山梨支店 加納宏明さん:こちらが実際に実証実験で利用している…

2022年9月15日

日本の農業改革にフランスの「アグリテック」最新事情が参考になる理由

日本と同じく欧州でも、気候変動への対応、農業従事者の減少と高齢化、食料安全保障の強化、市民の志向変化(エシカル消費、地産地消、健康等)など「食」を取り巻く環境が急変しています。こうした中、欧州最大の農業国フランスでは、より持続可能な農業への転換を支えるアグリテック(農業革新のための技術)のエコシステムが急発展しています。

2022年9月15日

ヤンマー、マグロの体重を自動測定 国内の養殖業者向け

ヤンマーホールディングス(HD)傘下のヤンマー舶用システム(兵庫県伊丹市)は13日、カメラを用いて養殖マグロの体重を自動で測定するシステムを販売すると発表した。国内の養殖業者を対象として10月1日に受注を開始する。従来は50匹の解析で手動での情報入力に最大2時間かかっていた作業を自動化する。オーストラリアの養殖機器メーカーと共同開発した。マグロの養殖では生育状況を把握するため、個体にストレスを

2022年9月15日

くら寿司、低利用魚「ニザダイ」を販売 キャベツで養殖

くら寿司は14日、市場での取引が少ない低利用魚「ニザダイ」の握りずしを16日から全国の店舗で販売すると発表した。ニザダイは海藻が消失する「磯焼け」を引き起こし、食用に向かないため駆除対象になっているが、キャベツをエサに養殖することで独特のにおいを抑えて商品化した。くら寿司は魚を中心に仕入れ費用ベースで原材料の6割を輸入しており、国産の低利用魚を活用することで、円安下でのコスト抑制や安定調達につな

2022年9月14日

うにの再生養殖で水産資源の未来を創る『再生型水産業』を掲げる「北三陸ファクトリー」が「Industry Co­-Creation(ICC)サミット KYOTO 2022」にてダブル受賞!:時事ドットコム

[株式会社北三陸ファクトリー]北三陸ファクトリーは消費するだけではない『再生型水産業』-Regenerative Ocean Farming- を掲げ「うに再生養殖」と「藻場再生」に取り組んでいます。株式会社北三陸ファクトリー(代表取締役:下苧坪之典/本社:岩手県九戸郡洋野町/以下 北三陸ファクトリー)は、「ともに学び、ともに産業を創る。」エクストリーム・カンファレンス 「Industry Co­-Creation(ICC)サミット KYOTO 2022」(2022年9月5日~9月8日開催)に参…

2022年9月11日

下水汚泥を肥料に 低価格で「生育が良い」 SDGsにも貢献 | 毎日新聞

 コメどころとして知られる山形県鶴岡市で、市と地元JAが30年以上にわたり共同で進めてきた肥料の生産が注目されている。産業廃棄物の下水汚泥を再利用し、10キロ当たり330円。原料の大半を輸入に頼る化学肥料が高騰する中、低価格を維持しながら、SDGs(持続可能な開発目標)にも資する古くて新しい取り組み

2022年9月3日

ローソン、物流網を再編 AIで最適な配送ルート作成

ローソンは物流網を再編する。店舗の分布をもとに倉庫の最適な配置を割り出し、約10年かけて一部を移転・統合する。店舗への配送も人工知能(AI)を活用して距離の短いルートに変える。2025年2月までに配送のコストや二酸化炭素(CO2)排出量を従来に比べて7%削減する計画だ。ローソンは外部の物流会社に委託する形で、常温・冷蔵・冷凍の温度帯別に約100カ所の倉庫を利用している。シミュレーションソフトに

2022年9月2日

食品ロスのパンを「ビール」にアップサイクルした「CRUST LAGER」を知っている?【サステナ調査隊】 - フロントロウ -海外セレブ&海外カルチャー情報を発信

サステナブルなライフスタイルを目指すエディターが、国内外で注目のサステナブルなキーワードや、気になる疑問にフォーカスする連載企画「サステナ調査隊」。第2回のテーマは、食品ロスに立ち向かうアップサイクルビール「CRUST LAGER」について。(フロントロウ編集部)

2022年8月28日