メディア記事

MEDIA

スシロー、養殖支援で新会社 すしネタ安定調達狙う

回転ずし「スシロー」を展開するFOOD&LIFE COMPANIESは21日、養殖事業を手掛ける新会社を設立したと発表した。エサの調達や販売、魚の品種改良などに取り組む。回転ずし業界は漁獲量の減少や漁業の人手不足、魚の価格上昇などで将来の安定調達に不安を抱えている。安価で品質の良い魚を安定して仕入れるため、養殖事業に関わる。F&LCと養殖事業を手掛ける拓洋(熊本市)が出資して、マリンバース(熊

2022年4月21日

キッチンだけの飲食店、名古屋で開業 宅配・テークアウトに特化 | 毎日新聞

 店内に飲食できるスペースを設けず、宅配やテークアウトに特化した調理場だけを用意した「クラウドキッチン」が3月末、名古屋市中区にオープンした。コロナ禍で増えた新たな飲食店の形態で、利用は月額制。初期費用を抑えて出店できるため、脱サラした男性や、店舗拡大を見据える焼き肉店などが利用を始めた。「新しい挑

2022年4月20日

【食料危機がやってきた】肥料供給難で世界農業に致命的な影響も(1) 資源・食糧問題研究所 柴田明夫代表

ロシアによるウクライナ侵攻が長引く中、穀物の高騰や肥料原料の供給不安などが重なり、世界の食料生産をめぐる状況が混沌としている。こうした事態を受けて世界各国が具体的な対策に走り出すが、日本の食料安全保障をめぐる動きは鈍い。ウクライナ危機を受けて世界はどう動いているのか、日本はどう備えるべきなのか、資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表に緊急寄稿してもらった。

2022年4月18日