メディア記事

MEDIA

AIでサプライチェーン改善、食品ロスを減らす「Afresh」 | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

ピックアップ:Announcing $115 Million Series B Funding Round for Afresh ニュースサマリ:AI を活用した生鮮食品管理システムを開発する「Afresh」は8月4日、1億1,500万ドルのシリーズ Bの資金調達を発表した。Spark CapitalがリードでInsight Partners、VMG Partners、Bright Pixel C

2022年8月27日

リージョナルフィッシュ、海外展開へ。インドネシアの水産系スタートアップ企業ARUNA社と共同でJETRO「日ASEANにおけるアジアDX促進事業」への採択が決定

リージョナルフィッシュのプレスリリース(2022年8月26日 12時00分)リージョナルフィッシュ、海外展開へ。インドネシアの水産系スタートアップ企業ARUNA社と共同でJETRO[日ASEANにおけるアジアDX促進事業]への採択が決定

2022年8月25日

すしネタ養殖、AI給餌器で くら寿司、生産者の負担減|社会|徳島ニュース|徳島新聞電子版

 大手回転ずしチェーンのくら寿司が、人工知能(AI)を活用したスマート給餌器で養殖した魚をすしネタに使う取り組みを進めている。養殖業で餌代は支出の約7割を占め、人力での餌やりは大きな負担だ。生産現場は「効率化で餌代が節約でき、人手不足の解消にもつながる」と歓迎する。 スマート給餌器は水産養殖ベンチャーのウミトロン(東京)が開発した。白い箱型の機械で、餌を入れるタンクとAI搭載のコンピューターや撮影用カメラを装備。魚の食いつき具合などをAIが学習し、餌の量を調整して食べ残しを減らす。

2022年8月23日

ドローン活用、宮崎先行 市町村3割で農畜産省力化

ドローン(小型無人機)を2021年度時点で実用化した自治体は全体の1割まで増えてきた。人材や財政面で大きな負担となる農地や橋の点検などに活用し省力化につなげる。人口集中地区の飛行制限など規制が強まる現状を逆手に自由な飛行が楽しめる地域へ愛好家を呼び込む「ドローンツーリズム」の模索も始まった。(関連記事を地域経済面に)経済産業省の「自治体のドローン・自動配送ロボット等の利活用促進に向けた調査」(

2022年8月19日